旧病院

愛育会は・・・

女性に優しい医療をお約束します・・・

沿革

愛育病院は当時、五つ子誕生で知られる鹿児島市立病院に勤務しておりました故中村医師、四宮医師の二人によって1981年6月22日に開院しました。

その後、1985年4月に鹿児島大学より儀保医師を迎え、定床29床から40床に増床。また、1990年1月より不妊科の専門医師として鹿児島市立病院より榎園医師を迎え、体外受精、顕微授精による妊娠も可能となりました。さらに2006年6月より,鹿児島市立病院より河野(こうの)医師を迎えました。

2008年8月には増床し44床,2009年9月から鹿児島大学より川俣医師を迎え,増床し49床となりました。2013年4月から吉冨医師(女医),2015年4月から儀保医師(女医),2016年4月から横峯医師,2019年4月樋渡医師(女医)を迎え,さらなる医療の充実を目指します。

 年間1600件を超える誕生の瞬間を支える愛育病院は、今後さらに少子化問題やストレスの多い現代社会の中で予測される不妊患者様のために2007年9月、「レディースクリニックあいいく」を開設。妊娠前の健康相談やカウンセリング、体外受精・顕微授精など高度生殖医療での貢献を目指します。



2016年5月 愛育病院は新病院へ移転し,病床数64床となりました。

施設

愛育会には,産科、婦人科の女性のため専門病院と高度生殖医療のクリニック(外来のみ)があります。

愛育病院では,母乳育児を推進しています。

愛育病院

産科・・・妊婦検診 乳児検診 乳房外来 助産師外来 母親学級 胎児超音波外来

婦人科・・・婦人科の検診 手術 更年期 ホルモン以上 子宮がん検診 子宮筋腫 卵巣尿種 子宮鏡オペ

レディースクリニックあいいく

不妊症の治療 体外受精 顕微授精

病院理念と基本方針

1.患者様満足

患者様の人格と権利を尊重しつつ、真心のケアと最前の医療によって安心と健康を提供し、患者様とその家族、さらに地域の方々にも、常に満足していただける病院を目指して、日々の努力を続けます。

2.自己啓発
自ら能力の啓発、人間性の向上、健康の増進による創造する集団として前進することで、常に満足していただける病院を目指して、日々の努力を続けます

3.報・連・相
専門集団としての機能を高めつつ、お互いの連携と協調を強めるために報告・連絡・相談のネットワークを密にし、常に満足していただける病院を目指して日々の努力を続けます。

4.卒後研修
医師・助産師・看護師を目指す医療技術員の生涯教育・研修の場を提供し、常に満足していただける心の通い合う医療提供を目指して、日々の努力を続けます。

5.患者様の権利について
・すべての患者様の公平で最適なケアと医療を、お受けになる権利を尊重します。
・すべての患者様が診察内容について充分な説明・助言をうけて、自己決定される権利を尊重します。
・すべての患者様の個人情報が守られ、プライバシーを保たれる権利を尊重します。
・すべての患者様の心身とともにご負担が少なく、安全で快適に過ごされる権利を尊重します。  

理事長