帝王切開について

帝王切開は必要な処置ではありますが、近年帝王切開率の増加が世界的な問題となっています。2000年と2015年とで世界の帝王切開率を比較すると、約2倍になっているといわれています。

平成30年の愛育病院での総分娩数は1846件で、帝王切開率は14.9%でした。
現在の日本の平均では20%弱といわれていますので、全国的な水準より低い値です。
しかし、単純に全体の帝王切開率を比べるのは適切ではありません。リスクの高い分娩を取り扱えば、率は上がります。


WHOは母児の予後の観点から、理想の帝王切開率が10-15%と掲げており、帝王切開率に関して、Robson classificationを用いた分類を行うことを勧めています。

Robson classificationとは、全分娩を経産回数、胎児数、胎位、分娩時週数、自然陣痛発来の有無、既往帝王切開術の有無の6項目を用いて10群に分類する分娩分類方法です。

この分類の中で、「単胎/頭位/正期産/初産/自然陣痛」のグループの帝王切開率がもっとも重要だと言われています。初産婦さんの帝王切開率が上がれば、次回の分娩も帝王切開になる可能性が非常に高くなるからです。

平成30年の当院の帝王切開率を大阪の総合病院、東京の大学病院、カナダ5州、アイルランドの三次周産期医療機関と比較してみました。施設の実力をもっとも顕著に表すのが「初産/自然陣痛」の帝王切開率といわれています。グラフ一番左の群ですが、愛育病院は4.2%と適正とされる10%を大きく下回っています。

当院で帝王切開率を減少させるための大きな要因が麻酔分娩と鉗子分娩です。お産の進行具合をみながら必要に応じて麻酔を導入することもしばしばあります。九州で2番目の分娩数からくる経験の豊富さと医師をはじめとしたスタッフの層の厚さも貢献しています。

「お産」は妊婦さんが主体となって、助産師、医師、パートナーや付き添いの方の支援など多くの人関わりあって作り上げる総合芸術だと考えます。中でも産婦さん-助産師-医師の連携が最も重要です。

愛育病院の伝統に裏打ちされた「お産」に対する姿勢、分娩取り扱いの成熟度がこの結果を生み出しています。(院長 川俣)