院長コラム

〜帝王切開既往妊婦さんの経膣分娩(TOLAC)と帝王切開〜

帝王切開既往妊婦さんに試験的に経膣分娩を図ることを Trial of labor after cesarean delivery (TOLAC) といい、それが成功した結果を Vaginal birth after cesarean delivery (VBAC) といいます。


愛育病院はTOLACを受け入れている数少ない施設のひとつです。
それは、緊急時の対応が十分可能である証左でもあります。
TOLACを選択しても良い妊婦さん側の条件はいくつかありますが、施設側にも緊急帝王切開のための医師をはじめとするスタッフや設備が確保されていることなどの条件があります。


当院の外来には他院より紹介されてTOLAC希望の患者様がしばしば受診されます。
問診のはじめに、なぜTOLACを希望されるのか?とお聞きすると、

  • 骨盤位など、陣痛を体験せず帝王切開になったので、陣痛を経験したい
  • 1度目の帝王切開の印象が悪かった
  • とにかく自然なお産がしたい、といった様々な思いを拝聴することができます。

TOLACのリスクをお話していくと、帝王切開を選択される妊婦さんが多くなりますが、その中で前回の手術の印象が悪い方に対しては特に、どこに問題があったのか、術中なのか、術後なのか、どうしたら前回よりも改善されるのか?を検討していきます。

痛みに関するものであれば、麻酔法および術後鎮痛に関して、画一的なものでなく、それぞれの症例に応じて「テーラーメイド」な工夫を考えていきます。

「帝王切開」のハードルが高すぎて妊娠さえ躊躇してしまう、という患者さんもいらっしゃるかもしれません。少しでもそんな方の力になれれば嬉しいです。(院長:川俣)